ホーム自分らしい生き方 ≫ 常識で縛りつけてくるやつは中途半端に頭の良いから距離を置け

常識で縛りつけてくるやつは中途半端に頭の良いから距離を置け

何か新しいことを始めようとすると「絶対無理だからやめとけ」とか言って足を引っ張るまではいかないまでも萎えさせる人がいる。

こっちがやる気に燃えている時に水をさすような人だ。

そういう人は、頭の良い人に多い。正確に言えば中途半端に頭の良い人だ。

なんでだろね。このブログを始めた時も、「アーティストが何やってんの?」とか言ってきた知り合いがいた。

その人は先輩にあたる人でいろいろアドバイスもくれた。が、もういいやって思ってしまった。

クリエイティブでないといけないアーティストなのに、アーティストとはこうあるもんだ、みたいな発想にガチガチに凝り固まってる。

成功例がないから、誰もやってないからやめとけと頭良さげなありがた~いアドバイスをくれる。

そんなんじゃライト兄弟は空を飛べなかっただろうしスマホなんて生まれやしなかった。

もちろん、勝算がないというのは見当違いの努力を重ねることになる。

だから「こういう目的があって、段階的にこういうことを仕掛けるように仕込んでる」と説明材料はあるが、頭から否定する人には説明しない。

情熱のエネルギーコストが悪い。ある程度成功のにおいが漂い始めたらそういう人は戻ってくる。

甘い汁を吸おうというのだろうか?ね、中途半端に頭が良いんだ。

ちなみに突き抜けて頭の良い人は、こっちが情熱に着火させた途端、さらに燃料をくれる、ワクワクを倍増してくれる人だ。

何か新しいことを始めようとしている方。
もしくは新しいこと始めたけど、ちょっと心折れそうな人へ。

幻冬舎の見城徹さんがホストのネット番組「徹の部屋 」の第17回を見ると元気になれますよ。
徹の部屋 #17はこちら

あのキングコング 西野亮廣さんとSHOWROOM 社長 前田裕二さんがゲストの回です。

「集団の掟の中じゃなく個人の掟」で生きている3人のトークは胸が熱くなります。


コメント











管理者にだけ表示