ホーム健康・美容・アンチエイジング ≫ 今さら人に聞けない熱中症の予防と対策

今さら人に聞けない熱中症の予防と対策

自治体から熱中症を警告する放送が聞こえてきましたので今日は熱中症について。

こまめな水分補給と塩分補給をしておけばいいだろうという思いもありますが、せっかくなので熱中症についてよく言われていることをまとめます。

これから暑い日が続くので、熱中症にならないように、万が一、熱中症かも?と思ったときのために参考になれば幸いです。

1.熱中症は体温調節機能が乱れが原因で起きる症状

熱中症の症状には、けいれん、めまい、頭痛、吐き気など多くの症状があります。人によっては湿疹が出る方も。

では、なぜこんな症状が現れるのでしょうか?

それは、人体に備わっている体温調節機能がおかしくなってしまうせいです。

恒温動物の人間は上がりすぎると体がおかしくなるため普段の体温まで戻そうと熱を放出(放熱)し始めます。

発汗も放熱の機能の一つです。汗をかいて、その汗が体表から蒸発(気化)するときに、体表の熱を奪っていきます。

ところが、湿度が高く空気中に汗が気化するスペースがない場合、汗は出るけど気化しないため体から熱が奪われず、体内にこもります。

最悪、38度以上の体温になっています。風邪で38度だったら安静にしてないといけないですよね?その状態が活動中に続いているわけです。

そして、大量の発汗により体内の塩分濃度も濃くなり血流が悪くなります。

熱とのダブルパンチです。それなのに、当の本人は気づいていない。

その結果、このままじゃあかんで~!と熱中症と言われる症状が出てくるんです。

命のシャットダウンの前に、セキュリティソフトが働くのです。

2.熱中症の一番の予防は暑いところで汗をかくような活動をしない

熱中症の原因は発汗しても体温が下がらない、体内のミネラルバランスの変調でした。それを予防するのが熱中症予防になるわけですね。

となると、猛暑日はエアコンかけて日中はおとなしくしておくのが一番です。

外で作業しないといけない場合、気温が上がりきっていない早朝か、涼しくなってくる夕方にやりましょう。

アフリカのサハラに住む民族も日中は日陰で昼寝して過ごすと聞いたことがあります。

会社への出勤もちょっと頑張って早起きして涼しいうちに電車に乗ればラッシュも回避できてよいのではないでしょうか?

また、屋内外関係なく適度に水分補給をしましょう。

知らず知らずのうちに汗は出ています。普段行く回数よりトイレに行く回数が減ってるなぁと思ったら要注意です。

炎天下作業しないといけない場合?休憩を積極的にとりましょう。指示がなかったら自分から申告すればいいんです。

死ぬかもしれないという恐れがあれば周りも納得してくれます。

一昔前と違って熱中症への認識は高まっているから大丈夫だと思います。それでも前時代的な職場で熱中症になるかもと思うのであれば、辞めるなり休むなりすればいいんです。

収入は一時的になくなるかもしれませんが、少なくとも命がなくなることはないですよね?

3.FIREもいいけど熱中症になってしまったらすぐに医者へ

なんとなくフラフラするかもという場合、もうすでに熱中症の可能性があります。

安静にしつつ、身体をひやしてください。そしてすぐに医者へ行きましょう。

熱中症の救急処置でFIRE(ファイヤー)というものがあります。

F・・・Fluidの頭文字で液体(水と塩分)の経口摂取or点滴

I・・・Iceの頭文字。体の冷却

R・・・Restの頭文字。運動の休止。

E・・・Emergencyの頭文字。緊急事態と認識して119番への連絡です。

これは確かに覚えておくに越したことはないですが、実際にその事態に遭遇したら悠長なことは言ってられません。

すぐに119番に通報して、どうしたらいいか聞き、救急車の到着を待つのがベストです。FもIもRも全部119番が教えてくれるので解決します。

恥ずかしいとか情けないとかそんなメンツで119番をかけないで自分の命、大切な人の命をなくすなんてバカのすることですよ。

いかがでしたでしょうか?

熱中症について、猛暑日になると自治体の放送だけでなく各メディアで警告がなされます。学校の先生や会社の部署の偉い人も言って下さることもあるでしょう。

長々と書きましたが、熱中症かもと思ったらすぐに助けを仰いで119番通報するorしてもらいましょう。

命以上に大切なものがありますか?

熱中症は死ぬリスクもあるということを忘れずに。


関連記事

コメント











管理者にだけ表示