ホーム自分らしい生き方 ≫ 1日を23時間と1時間で考えるといろいろうまくいく

1日を23時間と1時間で考えるといろいろうまくいく

1日は24時間です。これは地球上のどこにいても変わりません。人間だけでなく全生物同じです。

が、23時間と1時間と分けて考えると面白いことが起こります!

自分は1日を23+1時間で考えるようになって、これまで以上に毎日が楽しくなってます。


23時間は今日として過ごし、残りの1時間は未来として過ごす


分割して考えるには理由があります。23時間は今日として過ごし、残りの1時間は未来として過ごすわけです。

「なんのこっちゃ?まーしーはダイエットで頭おかしくなった」とか思ってる方!大丈夫です!もともと自分は頭がおかしいですっ
ダイエット中です。応援してくださいm(_ _)m

いや、僕の頭のおかしいのは置いといて。残りの1時間を未来として過ごすってのが良く分からないのではないでしょうか?

どういうことかと言いますと、未来をプランニングする時間です。

1日のうち1時間は絶対に未来のことを考える時間に決めたんです。朝か夜の1時間、もしくは朝夜それぞれ30分。

誰だって未来のこと考えてると思うけど、忙しいと日々の業務に追われて1日が終わることないですか?計画通りに1日が終わったことなんてなかなかありません。

そんな毎日の過ごし方じゃ、いくらこうなりたい、ああなりたい、って思っててもズレが出てくるんです。日々の小さなズレが積み重なっていくと「こんなはずじゃ・・・」なんてことがありえます。

そうならないために、細かな軌道修正してと未来というターゲットの確認をするべきと思ったんですよね。

1週間に1回1時間とかでもいいのかもしれませんが、自分は忘れそうなので習慣化するために1日1時間未来についてプランニングすることにしました。

日記に似てますが、ちゃんと紙に書くことでアウトプットしてます。

この1時間による素晴らしい副産物があった


未来への軌道修正として、1日の始まりに今日の計画を見直すもよし、1日の終わりに今日を反省して明日への計画を立てるもよし、とにかく毎日1時間未来について考えることを先月くらいからやっています。

1時間確保するために、睡眠時間を削ったり、食事にかかる時間を短くしたり、いろいろとアプローチしてきましたが、思わぬ恩恵がありました。

それは23時間の今日が24時間で考えていたころより充実しています。時間が短いにも関わらずです!

よくよく考えれば当たり前でした。

毎日1時間未来のことを考えてるわけですよ。こうだったらいいなという背伸びした未来だったりする部分もありますけど、絶対に明るいことを考えるんです。

そしたら明るい未来のために今日も1日頑張るぞ!もしくはよく頑張った!って思えるから気持ちが前向きなんですよね。

今まで以上に楽しいです。

あなたは、どんな未来を、どれくらいの頻度で思い描いていますか?

わざわざ悲観的な未来を想像して、計画的に不幸になりたがってる人には真似して欲しくない1日の時間感覚の報告でした。


関連記事

コメント











管理者にだけ表示