ホーム健康・アンチエイジング ≫ 糖質制限ビギナーもこれだけは抑えておきたいタンパク質のあれこれ

糖質制限ビギナーもこれだけは抑えておきたいタンパク質のあれこれ

糖質制限で必ず言われるのが、糖質(炭水化物)を控えてもタンパク質は十分に摂ることです。

タンパク質も必須栄養素の一つですが、いろんなサイトで細かく詳しくマニアックに書かれています。それはもう栄養士も真っ青なくらいに。

でも、糖質制限ダイエット始める人って、「とりあえず糖質制限が一番効果出やすい、でもタンパク質摂らないといけないっぽい」くらいで始めてると思うんです。

自分はそうでした。だって考えること他にもたくさんあるし、楽に痩せられるって聞いたのにいろいろ考えないといけないなんてめんどくさいじゃんっ!

というわけで、今日はタンパク質のことをふわっと。

タンパク質は体を作るもの


そもそもなぜタンパク質を摂らないといけないのか?ですが、それはタンパク質は体を作る栄養素だからです。

タンパク質はアミノ酸というやつでできていて、筋肉や臓器、つめや髪の毛までそのアミノ酸が分解、再結合することで作られています。

そのアミノ酸にもいくつもの種類があるんですが必要なのに体内で生み出せない種類があるために、外から取り込む必要があるんですね。

それが、タンパク質を摂らないといけない訳なのです。

そして、体組織の生成だけではなくエネルギー源としてもタンパク質は活用されています。

そもそも体に必要なアミノ酸は20種類あって、、、はい、やめておきましょう。頭が痛くなる。。。

一日に必要なタンパク質の摂取量は体重の1から2倍グラム分


では、タンパク質はどれくらい必要なのか?

これまた、いろんなサイト、研究で言われていますが、大まかには体重の1から2倍グラムと言ってるところがほとんどです。

つまり体重が60キロなら摂取すべきタンパク質は60gから120gというわけですね。以前にもさらっとお伝えしました。
現在最速のダイエット方法である糖質制限で気をつけることをもう一度おさらいする

先にも上げましたが、エネルギー源としても使われることから運動量の差異によってタンパク質摂取量に幅があると思います。

とにかく少なくとも体重グラム分はタンパク質摂ろうねってことです。

見た目も意識する場合、筋肉量が落ちる可能性もあるのでもう少し摂るべきでしょう。

さて、当然ではありますが、一回の食事でまかなうのではなく、3食摂るなら3回に分けて摂るほうがいいです。吸収のことも考えてね。
ちなみに自分の食事回数は2回と0.5回です。

必要なタンパク質も摂りすぎると体に悪影響


なんでも腹八分目と言いますか、ほどほどがいいと言いますか、タンパク質も御多分に漏れず、摂りすぎはよくありません。

必要なくせに摂りすぎは良くない。例えるならば、彼女は欲しいけど束縛されるのはいや。。。なんてめんどくさいやつだ!

タンパク質のくせにワンパクなやろうだ!・・・失礼。

タンパク質の過剰摂取で引き起こされるトラブルとして、カロリーオーバー、内臓疲労、尿路結石のリスク、腸内環境の乱れが挙げられます。

この辺の原理も詳しく説明できますが、シンプルさを目指してるのでカットォォォッ!!!

タンパク質にも2種類ある


糖質制限中、ステーキは問題ないって聞いたことあると思いますが、肉にはタンパク質が豊富です。ってことは肉さえがっつり食っとけば大丈夫かっていうとそうでもありません。

タンパク質には動物性タンパク質と植物性たんぱく質の2種類があります。

動物性タンパク質とはその名のとおり、肉や魚、卵などから摂取できるタンパク質で、植物性タンパク質は米、小麦、大豆、種などから摂取できるものです。

最初に書いたアミノ酸の種類が違います。

ちなみに髪にいいのは大豆から摂る植物性タンパク質。筋肉には肉からの動物性タンパク質。これだけでも抑えておくといいかも。

人生も後半戦間近。筋肉もさることながら、髪の毛も命綱!つまりはタンパク質はその命綱を作る糸!!!

男性はスキンヘッドにして開き直ることもありですが、女性にとって髪は命。いつまでも若々しい髪を維持したいですよね。

はい、ごめんなさい。強がりました。スキンヘッドよりも10代、20代の頃のようにしっかりと髪は生かしたいのです。

一度の食事で両方バランスよく摂るもよし、朝は植物性、昼は動物性と分けるもよし。これは体質によって効果の現れ方が違うので試してみないことには分かりません。

以上、タンパク質についてでした。

糖質制限中も毎日、体重グラム分のタンパク質を植物性、動物性からバランスよく摂りましょうね。

そして、忘れてほしくないのが、何事もバランスってことです。タンパク質だけ摂っていれば大丈夫ってわけじゃないですからね。

ミネラルやビタミンも必要です。たくさんの食材を、と言われるのはそのためです。

何よりいろんな食材使うほうが味に深みが出ておいしいですよ。

ビタミンやミネラルについてはまた改めて。タンパク質については最低限これだけ押さえておけば大丈夫!!!


関連記事

コメント











管理者にだけ表示